SEO対策に効果的な中古ドメインですが、中古なら何でもいいというわけではありません。効果を出せるドメインを選ばなければ効果が出ないことや逆効果になることもあります。当サイトは中古ドメインの販売サイトも含めて探し方について紹介します。

SEO効果とドメイン年数の関係

中古ドメインを利用する際、取得日は中古ドメインを取得した日となります。
ドメイン年数は「そのドメインがいつから使われていたのか」を表します。
Googleのアルゴリズムは運営サイトの期間によって、信用度を評価する傾向があります。
つまりドメイン年数が古いほど、SEO効果の高いサイトとなるのです。

中古ドメイン取得の際、ドメイン検索サイトを利用することも大切です。
ドメイン検索サイトではそのドメインのcreationDateや有効期限などを調べることができます。
creationDate(作成日)を知っておくことで、ドメイン年数を把握することができるのです。
さらに検索ツールを利用することで、その中古ドメインがブラックリストかどうかを知ることもできます。

中古ドメインにはペナルティを受けているドメインも少なくないため、信用の高いドメインを見極めることが重要です。
また、ドメイン年数がSEO対策としてより効果を発揮するためには、古ければ古いほどよいと言われています。
Googleでは「1年経ったものは、半年経ったドメインとそれほど変わらない」との見解もあります。
検索上位になるためには、なるべく2年以上のドメインの方がSEO対策に効果的です。
ドメイン年数が長い中古ドメインは高値で取引されることも多く、アフィリエイトを行う個人や法人の間で注目されています。

Googleのページランク(PR)とドメイン年数

Googleのアルゴリズムは「リンクがより多く集まっているWEBページはより重要」との指標を出していました。
現在ではPRは廃止されています。ですが、これは外部のみでのことです。
Google内部のPRは絶えず更新され続けているとも言われています。
Google内部で公開されているページランクはREALPR(リアルページランク)と呼ばれ、重要なランキング要因の1つとなっているのです。

かつてPRが外部に公開されていた際、ドメイン年数の古いドメインは、ページランクが高い傾向にありました。
そのため、中古ドメインを売買する個人や法人が多くなり、外部公開を停止したとも言われています。
ですが現在でも、リンクの多いドメインはSEO効果の高いドメインです。
リアルページランクは以前のPR同様、リンクを「支持投票」として捉えています。
ドメイン年数が古ければ古いほど、リンクとの繋がりも多いドメインとなるのです。

また、中古ドメインは過去の実績としての側面もあります。
Googleの内部ページランクは更新されていませんが、他サイトの検索ツールを利用することも重要です。
SEOの研究機関などでは、ドメイン測定ツールが提供されています。
中古ドメインを取得した際、信頼性の高い測定ツールで調べると、過去の実績を把握することが可能です。
ページランクの代わりに利用する人も多くいます。