SEO対策に効果的な中古ドメインですが、中古なら何でもいいというわけではありません。効果を出せるドメインを選ばなければ効果が出ないことや逆効果になることもあります。当サイトは中古ドメインの販売サイトも含めて探し方について紹介します。

中古ドメインの値段はどうして高いのか

中古ドメインを購入するお金

独自のドメインを取得する際、新規で取得するときの値段は数十円~六千円前後であると言われています。
取得後は年単位で更新する必要があり、一年あたり数千円を支払う必要があります。

新規でドメインを購入する理由として、メールアドレスやURLに自分の好きな名前や文字を入れることができるという点をあげる人が多いでしょう。
ブランドイメージにそった自社サイトやメールアドレスを持てるため、事業を行う上でのメリットは大きいと考えられます。
それに比べ、運用年数の長い中古ドメインは新規ドメインより値段が高いのが特徴です。

運用年数の長さや、使用されていた実績によっては数万円から数十万円で取引されることもあります。
その理由は、中古ドメインにはそれまで運用されていた実績があり、運用年数が長いものほど検索エンジンからの信頼を受け、検索されやすい傾向にあるためです。
これまで運用されていた際に蓄積されている被リンク数も多く、Googleからの評価も受け継いでいるために検索順位が引き継がれることもあります。
そのため、中古ドメインはドメイン自体がすでに力を持っており、資産価値が高いと言えます。

中古ドメインであってもさらなるSEO対策として、被リンクを増やすなどの必要があります。
しかし新規ドメインを購入するよりも早い段階で、検索で上位に表示されることも可能であると言えるでしょう。
中古ドメインには価値があると考えられているため、高い値段で取引されているのです。

どのくらいの値段の中古ドメインを買えばいいの?

中古ドメインの価格はさまざまあり、これまでの運用年数が長いものや、Googleからの高評価を受けていたものなどはハイパワーなドメインとして扱われ、高い値段で取引されています。
メインサイトであれば、少々高い値段であっても質の良いドメインを選ぶのが重要でしょう。
どのようなシーンで利用されていたドメインであるかをきちんと見極めることも大切であると言えます。

これまで同じようなジャンルで使用されていた場合には、被リンクも同じような内容であることが多いため、検索で上位に表示されやすくなると考えられるためです。
もちろんドメインの品質を見極めることも大切ですが、自分の作りたいサイトに合わせたドメイン選びも重要です。
どのようなサイトを作りたいのかという購入目的をきちんと考えることで、選ぶべきドメインが見えてきます。

たとえば、被リンクを集めるためのサテライトを作成することが目的である場合には、値段の安いドメインで十分である事も考えられるのです。
安い中古ドメインであってもある程度のリンク数があれば、サテライトサイトに使用することで、リンクジュースがメインサイトに流れやすくなることも考えられます。
そうすることで短時間でメインサイㇳの検索順位を上げることも期待できるのです。
そのため、価格だけを見るのではなく購入目的をはっきりとさせて中古ドメインを選ぶことが大切であると言えます。
中古ドメインはSEO対策として効果的ですので、上手に利用するのがおすすめです。