SEO対策に効果的な中古ドメインですが、中古なら何でもいいというわけではありません。効果を出せるドメインを選ばなければ効果が出ないことや逆効果になることもあります。当サイトは中古ドメインの販売サイトも含めて探し方について紹介します。

いい中古ドメインでもブラックハット運用は意味がない

Googleはウェブサイトの品質に関するガイドラインを策定しており、遵守しているか否かでブラックハットとホワイトハットに分類しています。
正攻法でサイトを構築していない、不当な手段で検索エンジンを最適化しているなど、ガイドラインに記されている逸脱した行為を取り入れているサイトはブラックハットと見なされる可能性が高いです。
せっかく中古ドメインを利用してもブラックハットとして認知されると、サイトの質が低下して有益な情報を正しく発信できない状態に陥りかねません。

中古ドメインを用いてオリジナルのウェブサイトを作成する前には、サイト管理者であるWEBマスター向けにGoogleが公開しているガイドラインを熟読しておくことが望ましいです。
一読しないままでいると、無自覚の状態でGoogleのペナルティの対象となる方法を導入する可能性が高まります。

検索エンジンの品質低下を招く手法を回避し、Googleユーザーの利便性を確保する重要性について理解を深めておかなければなりません。
検索エンジンのランキングの偽装に成功してGoogleを欺き続けられるという確信を得たとしても、いずれは検知されて制裁措置をとられます。
スパム対策を講じられると、サイトがユーザーの目の届きにくい状態になるので要注意です。
正規の方法で作成・運用してこそ、有益性が確実に向上します。

Googleに嫌われるブラックハットSEOの種類

Googleが嫌うブラックハットSEOには複数種類があります。
中でも、キーワードを検索エンジンのみが認知する形で埋め込んでいる隠しテキスト・隠しリンクは代表する手法の一つです。
SEO効果を向上させるために故意に用いているケースが多い一方では、サイトのデザインにこだわりすぎて知らず知らずの内に取り入れていることもあります。

隠しリンク・隠しテキストは発見が容易ですが、検索エンジン用にSEOに特化するHTMLページをユーザー向けとは別に用意しているクローキングは見つけにくいです。
クローキングがGoogleに気付かれるとインデックスから削除される可能性が高いので要注意です。
その他、検索上位のトレンドのワードを取り入れた支離滅裂の内容の文章を掲載しているウェブサイトはワードサラダと呼ばれており、サイトの順位が下落する事態を引き起こしやすいです。

因みに、アルゴリズムを活用してワードサラダの記事を量産する体制を構築しているタイプ、ワードサラダを記事前半に埋め込んで第三者のコンテンツを後半に転載・コピペしているタイプがあります。
ウェブサイト管理者はGoogleが提示しているWEBマスター向けガイドラインに目を通してブラックハットSEOを避け、品質が良好なサイトの構築に努めなければなりません。
目先の利益を追い求めて即効性を期待できるツールを用いると、あとあと収益の増大が困難になります。
時間を掛けてサイトを育てることが大切です。